アジー 通販ショッパー

お薬ワンクリック検索!!
お薬名や症状を入力して「検索」
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

アジーは、インドのシプラ社が製造販売しており、細菌をやっつける抗生剤です。また、ファイザー社が製造販売しているジスロマックのジェネリック薬になりますので、安くお買い求めいただけます。ジスロマックは、日本でも医薬品として認可が下りています。 細菌感染による咽頭・喉頭炎や扁桃炎、マイコプラズマなどによる肺炎、性感染症の1つの原因であるクラミジアなどに効果があります。

アジー100mg(ジスロマックジェネリック)60錠

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー250mg(ジスロマックジェネリック)10錠

クラミジア菌による性感染症などに対して効果のあるアジスロマイシン250mgを配合したジェネリック医薬品です。マクロライド系抗菌薬に分類されます。長時間効果が持続するため、場合によっては1回の投与で治療が終了します。

アジー250mg(ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠

尿道炎の原因クラミジアや淋病の第1選択治療薬ジスロマックの低価格ジェネリック。症状が出たら2錠を飲むだけで数日に症状が治ります。成分アジスロマイシン配合の人気の抗生物質です。

アジー500mg(ジスロマックジェネリック)30錠剤

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)10錠

ジスロマックジェネリックは淋菌やクラミジア、大腸菌など、様々な菌を退治する抗生物質です。これらの菌が原因で発症する尿道炎や子宮頸管炎といった性感染症をたった一度の服用で簡単に治してくれます。

アジー1000mg (ジスロマックジェネリック)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマックジェネリック100mg(シロップタイプ)

アジスラルは飲むタイプの抗生物質です。マクロライド系の抗生物質であるアジスロマイシンを100mg配合しており、クラミジアやマイコプラズマなど様々な感染症に効果を発揮します。その抗菌効果作用が長いことも特徴です。

ジスロマック・ジェネリック100mg(シロップタイプ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

お子さんからご年配の方まで服用いただけるアジーDRY SYRUPは、飲むタイプの抗菌薬です。マクロライド系抗生物質で有名なジスロマックのジェネリックで、クラミジアやマイクロプラズマだけではなく、尿道炎や呼吸器感染症の治療にも有効です。

ジスロマック・ジェネリック200mg(ドライシロップ)

最安値を販売ページでチェック
感染症・抗生物質の薬一覧はこちら


知っておくべきアジーの副作用

アジーの有効成分であるアジスロマイシンはいろいろな細菌感染症に高い効果が発揮される抗生物質ですが、その反面副作用もありますので注意しましょう。

アジーの副作用として考えられるのは、抗生物質の服用でよくみられる下痢です。
これは抗生物質は強力な抗菌作用があるため、悪い細菌だけじゃなく腸内細菌のバランスを整える働きがある善玉菌などの良い菌にも作用してしまいます。
そのために下痢を引きこしてしまうことがあるのです。

アジーにも下痢の副作用を起こす可能性はありますが、それでもペニシリン系の抗生物質に比べると発症しにくいといわれています。
その他の副作用としては吐き気や嘔吐、発疹、胃部不快感、蕁麻疹、めまい、発熱、倦怠感、むくみなどを引き起こすケースもあると報告されています。
これらの副作用は起こる可能性が低い上に、服用をやめることで症状が解消されることがほとんどです。

ただこれらの副作用は重篤な副作用の初期症状である可能性もゼロではありませんので、軽視するのもよくありません。
滅多に起こることではないのですが、重篤な副作用としてはアナフィラキシーショック、腎障害、肝障害、間質性肺炎、大腸炎、血液障害、重い不整脈などが考えられます。

ですので、もしアジーを服用して体調不良を引き起こしたのであれば、いったん服用をやめて念のため医療機関を受診したほうがいいでしょう。
またこういった副作用は間違った服用方法することで発症することもあるので、用法・用量はきちんと守りましょう。